MADE BY ARCHITECT

Masaya Suzuki 鈴木雅也

目には見えないけれどもいつも近くにあって、人の心にとって大切なものがあります。それは、暖炉の火の温もり、躍動感ある土の匂い、重なり合う葉の音など、知覚に働きかけるものです。人は情報の90%を視覚に頼る為、他の知覚が得た情報を感じにくい生き物です。私は建築の力によって、その情報に気づかせてくれる居場所を作ることができると信じています。見た目の奇抜さに囚われず、感覚的に心地良くシンプルな空間。そんな居場所こそ、住まいのあるべき姿なのだと考えます。
https://www.masayasuzuki.jp

1986年
千葉県松戸市生まれ
2009年
千葉大学工学部都市環境システム学科卒業
2011年
京都造形芸術大学大学院芸術環境領域建築デザイン分野修了
2012〜15年
堀部安嗣建築設計事務所
2016年
鈴木雅也建築設計事務所設立

PLAN

標準的な70㎡の間取りをベースに
建築家が考えたプランです
(※下記プランにはオプションを含み
ます)

鈴木雅也の考えるプラン

リノベーションは、決められた大きさの空間をいかに伸びやかに広がりを感じさせられるか、がもっとも大事だと考えています。そこで大切なのは、素材やディテールよりも、プランニングです。たとえば、「水回り動線を兼ねた裏動線を作ること」「回遊性を持たせて空気の淀みを作らないこと」「扉はプライバシーや音と光を区切ることができれば極力減らすこと」などを基本の意識としてプランニングすることで、心理的に気持ちよく、使い勝手のよい間取りになると考えています。

Q&A

設計で大事にしていることは?

設計とは多くの人の意見や考えを一つの造形へと変換していく行為と言えます。その時に大切なことは、バランス感覚です。人間と同じように、全てが完璧な建築はありえません。どこかで必ず優劣なるものが生まれてしまいますが、そのバランスの軸をどこに取っているかが、設計者のセンスであり個性であり魅力なのだと思います。しかしながら、家などの設計に関しては、絶対に外してはいけない軸が存在すると考えています。それは、人間としての営みを心豊かに過ごせるということであり、常に意識して設計しています。

リノベーションで留意していることは?

その空間がもともと持っている特性を受け入れてあげることが大事です。たとえば、平面形状が歪な形をしている、天井や梁下が極端に低くなっているなどは、一般的には短所として捉えることが多いです。しかし、プランニングやアイデア次第でそれらは空間に深みや彩りを与える長所として生きてきます。空間の特性を前向きに強みとして伸ばすこと、それは子育てに似ているように思います。そのようにして生まれる空間は親密で心地の良いものになると信じています。新築にはないこのような設計アプローチが、リノベーションの醍醐味であると考えています。

どういうふうに要望やイメージを伝えればいい?

やりやすい方法で自由に伝えていただければと思いますが、一つお願いしたいことがあります。たとえば、大きな木をイメージした時に、住まいに対してもっとも大切にしたいことが幹、細かい要望が枝葉になっていると考えると良いかもしれません。枝葉よりも幹の部分が設計をはじめる上でも、ご自身にとっても大事になってきますので、まずは幹の部分を真剣に考えていただきたいです。それを表現するにあたって抽象的な言葉になっても構いません。お互い素直に、誠実に向き合って、考えを共有できればと思います。